読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完了させるという強いこだわりはどこからくるのか

超絶ビジネスマン伝記みたいな記事(キャリアポルノ)を見ると、

Q.「失敗しなかったのはなぜ?」 A.「成功するまであきらめないで続けた」

みたいなのがときどき出てくる。根性だ。みたいなことで、それは手に入るまでの過程が良くわからないわりには、それが何であるか別事例で見ているので分かるのでウケるのかなと思う。「ああ、それなら分かる。見たことがある。起きたことがある。私にもできるかもしれない。」みたいな。

実は実態はそうではなくて、けっこうしんどい。だからこそ、そいつは記事になってる。 そこで、次にどういうアクションを取ればいいのかなと考えた。

situation:

成功するまで諦めないようにしたい。目標はあまり明確ではない。

problem:

目標はあまり明確ではないので前進できない上、 諦めたほうが合理的な理由は多く浮かんでくるので諦めてしまう。

solution:

目標を明確にする。

目標・ゴールをとにかく忘れないでおくとよいらしい。 というか、何か自分とわだかまりがある時っていうのは達成したいゴールすら十分に明確ではなくて漠然としている。これではそれが難しくても簡単でも達成しようがない。まずはこれを定義するというとてもしんどい作業をやる必要がある。さらにそれを達成できると考え、ブレークダウンして1歩ずつ実行していくのがよいらしい。

では、目標をたてるのは?

目標を明確にするための方法論は多いが、これもまたやり切るのが難しい。 何か「不満」や「こうなっていたら良いのに。」という思いに添って立てると浮かんではくるのだが、 不満は記憶や体験であり、それに立脚するとこじれ度が増してしまいそう。復讐とか。 そういう原点は外すべきというほどではないにしても、補助輪が必要で、おそらくそれを達成することで誰かの役に立つのだ。というサポートがないと思いつめることは出来ないのではないかと思う。

それは誰のためにやるのですか?

「それは誰のためにやるのですか?」と問われて答えられる目標でなくては、おそらく信じきることは出来ないのではないか。逆にそれがあると、ない場合に比べれば雑念を減らして目標に集中することが出来そうである。

映画のレビュー

situation:

  • 映画を見るべきかわからないのでレビューを見るが、見るべきかわからない。
  • 個人のレビューには自分がどう思ったかだけが書いてあることが多い。なぜそう思ったかは書いていない。

problem:

  • レビューはその人の体験が書かれているが、その人が誰で、どういう風に見たのかわからないので、結果として面白かったかどうかだけ知らされても、自分が同じように感じるかはわからない。

solution:

  • レビューを読むのをやめる
  • 自分が好きな映画で同じことを感じた人を探してその人の見ている映画から探す

本を通して何かを学んだり好きになったり、考え方が変わったりするのはとても楽しいが、今だと紙では売られていない書籍の存在感も大きくて、本棚アプリがあまりうまく機能していない気がした。
結局全てをTwitterが飲み込んでいくんだろうか。

日記

このブログそんなに使いやすく無いな。書かなくても書きませんかって通知こないし… 4時間くらい集中して勉強してたら疲れて惰性で勉強してしまったので、ちょっと落ち着いて10分くらい人生のTODOを書き出してみたのだが、これは意外と辛い作業で難しいTODOばかり出てくる。みんなそうだがいろんなことをやらないといけないが、全部に全力でぶつかっていく。

買った本

戦略的データサイエンス入門 ―ビジネスに活かすコンセプトとテクニック

戦略的データサイエンス入門 ―ビジネスに活かすコンセプトとテクニック

ハーバード・ビジネス・レビューBEST10論文―世界の経営者が愛読する

ハーバード・ビジネス・レビューBEST10論文―世界の経営者が愛読する

買った本

How Google Works

How Google Works

クソ面白かった。

思ったより真面目な本だった。タイトルで損している。

経済学は人びとを幸福にできるか

日記

最近気がついたんだけど、アウトプットが少ないのは、勉強不足だからだと気がついた。 自分はこういうトピックについてアウトプットしたいのだ。という思いがある。 しかし、その分野について勉強できていない、手を動かせていないのでアウトプットが出来ない。 忙しいからとかそういうのではなくて、勉強していないからできないだけである。

いまのところ、以下の様なことをアウトプットしたい